忍者ブログ

VLINDER

日々つらつらと描いたり書いたり。


基本こちらで生息中 →TWITTER/ PIXIV

絵を描くということ



この描き方が一番楽しくてイメージ通りに
描けるのかもしれないなと思うこの頃。さっと全体のラフを書いて、その後線を消しつつ整えていく感じですね。デジタルだと線がパキッとしすぎて上手くできないので、アナログのがやりやすくはあるけど、色塗りを考えると時間の効率的にも画材代の面でもデジタル一択かなあ、なんてことをぐだぐだ考えてます。

以下ちょっと愚痴というか
そんな感じの考え事。



そんなことを考えるのも、もっといい絵を描きたい!というよりは、最近少し、絵を描くのが昔ほど楽しくなくなってる気がして、ちょっとつらいからですね。
何がどう昔と違うのか、とか考えてもよく分からないんですけど、一番違うのは時間の使い方?考え方?なのかな、なんて思ったり。

学生の頃は、それはまあ勉強尽くしではありましたけど、それでも合間に落書きしたり、作品を作るって意欲がありました。帰宅部でしたからどこに提出するでもなく、サイトやpixivに上げるくらいで、完全に自己満で。それでもずっと、描くということ自体が楽しかったから苦じゃなくて。いややっぱ苦しかったかな。完成した時の達成感がすべて塗りつぶしてくれてたんだろうな。
評価も嬉しくはあったけど、あれば儲けものぐらいのプラスα要素で、絵を描き続けるモチベーションはあくまで自分の中にあった記憶。
今も絵を描くのは楽しいことではあるんだけども、今はどうしても、時間の方が気になってしまいます。

社会人になって、絵の描けない時期もありました。時間的にも、精神的にも。一枚の絵はなるべく集中して一度で描いてしまいたい派なので、少ない時間に描けるのは、落書きばかりになり、一つの絵が描けなくて、それが辛かった。
別にそれだけが理由という訳ではなかったんですが、まあ色々あって、今は時間的にも精神的にも、楽な場所にいられるようになりました。不安もあるけど、まあなんとか生きていけそうだなとは思える程度に。でもその頃から、時間がないということが怖くなってしまった気がします。楽しいことをすることは時間が早く過ぎてしまうこと、という考え方が強くなってしまった感じなのかな。別に、今の仕事が嫌なわけでもないし、人は優しいし、辛いわけでもないのに。何なんでしょうかね。前の仕事を引きずってるのかもしれません。

あとは、評価を気にしてしまうようになったのもあるかも。昔は絵を上げても、お気に入りが10いかないくらいが当然で、もっとたくさんの人にお気に入りして欲しい!とは思ってもあくまで目標だったので、やることは画力の向上が最優先。でも、評価を前より多く頂いたりするようになると、勿論まだまだ自分の満足行くまで画力を上げたいとは思いつつも、画力とは別の部分、センスとか漫画だと構成力とか、そういうものが足りてないんだなって思い知ってなんだそれ、って呆然としてしまう。頭で考え切って描いたものより、思うまま描いたものが評価を得て。でもそんな、それほど何かが描きたくなることなんて年に何回かだから、また自分には熱意とかやる気とか、そういうものも足りてないんだ!と自分を罵ってしまう。もっと効率よく、枚数を描かなければって、効率厨みたいにやってればそりゃ、一枚の質も落ちてしまいますね。落書きばかりという意味で。

趣味なんだから、そういう事じゃないってことは、わかるんですけど。でもずっとやって来たことだから、やっぱりここだけはどうしようもないくらい、悩んでしまうんですよね。自分が絵を描くことの意味ってなんだろうって。意味なんてなくていいのに、楽しければそれでいいのに、楽しくもなくなったら、絵を描く意味が本当に無くなってしまう。評価を求めるだけみたいなことはしたくないのに、そうなってるみたいで怖い。

そしてそれでもやりたいと思えることがあっても、やるには時間が必要で、でも時間を楽しいことに使うことが怖い病が再発。そんな袋小路感。めんどくさいなあ。

生産的な趣味をもって生きるって楽しいけどしんどいですね…。娯楽を受動的に楽しんで生きるだけなら、どれだけ楽なんだろう。でもきっとそれだけじゃ、自分はものたりないんだろうな。可愛い!とか尊い!とか凄い!とか、そういった単純な感情をそれでも一度は表さないと、だめみたいな。語彙力なんてないので、絵しかそれらを表せなくて、だから描くのかななんて。分からないけど。

でもだからこそ、自分の意欲を駆り立ててくれる作品は大事にしたいなって思います。最近だとヒロアカとかFateとか。ヒロアカなかったらほんと前の仕事乗り切れなかったんじゃないかな…。
まあ悩みつつもやっぱり好きだから、これからも描いていくんだろう。
というただの考え事です。

長々と失礼しました。m(_ _)m
PR